ホーム » 未分類 » 通学免許とは

通学免許とは

免許を取るために、多くの人は教習所に通います。合宿免許と違って、通学免許はどこかに泊まる必要はありません。自宅で普通の生活をしながら、免許取得のための勉強をすることができます。

合宿免許と違う点は他にもあります。合宿免許では、授業はあらかじめ決められたスケジュールで行われますが、通学免許では予定は自分で組んでかまいません。空いた時間に授業の予定を入れることができるので、仕事や勉強、家事や育児で忙しい方も、うまく時間をやりくりすれば学校に通うことができるでしょう。

ほとんどの人が自宅の、あるいは職場や学校の近くの教習所を選ぶと思われますが、通学免許の場合、そうした普段使う道路で運転の練習ができるといったメリットがあります。仮免許の取得後に、教習所では実際の道路を運転することになりますが、普段使ってみる道であれば多少安心感もあるでしょう。また、実際に免許を取得したあとに運転する道路なので、教官とともに交通ルールや注意点など、学んでおくと後々役に立つはずです。

一方で、デメリットとして挙げられるのは、合宿免許に対して費用が高額になることです。平均して20万円から25万円程度とされる合宿免許に比べ、通学免許は約10万円高い30万円から35万円が相場です。また、過程をパスできないと追加費用がかかるため、予算は予定よりやや多めに見積もっておくほうがよいでしょう。