通学免許とは

免許を取るために、多くの人は教習所に通います。合宿免許と違って、通学免許はどこかに泊まる必要はありません。自宅で普通の生活をしながら、免許取得のための勉強をすることができます。

合宿免許と違う点は他にもあります。合宿免許では、授業はあらかじめ決められたスケジュールで行われますが、通学免許では予定は自分で組んでかまいません。空いた時間に授業の予定を入れることができるので、仕事や勉強、家事や育児で忙しい方も、うまく時間をやりくりすれば学校に通うことができるでしょう。

ほとんどの人が自宅の、あるいは職場や学校の近くの教習所を選ぶと思われますが、通学免許の場合、そうした普段使う道路で運転の練習ができるといったメリットがあります。仮免許の取得後に、教習所では実際の道路を運転することになりますが、普段使ってみる道であれば多少安心感もあるでしょう。また、実際に免許を取得したあとに運転する道路なので、教官とともに交通ルールや注意点など、学んでおくと後々役に立つはずです。

一方で、デメリットとして挙げられるのは、合宿免許に対して費用が高額になることです。平均して20万円から25万円程度とされる合宿免許に比べ、通学免許は約10万円高い30万円から35万円が相場です。また、過程をパスできないと追加費用がかかるため、予算は予定よりやや多めに見積もっておくほうがよいでしょう。

合宿免許とは

教習所では、車の運転に必要な交通ルールと運転技術を学びます。通学免許の場合には、それらの課程を終えるまで、半年から一年かかるのが一般的です。しかし合宿免許の場合、約2週間ですべてのカリキュラムを終わらせるようプログラムが組まれています

比べてみるとかなり短い期間ですが、学ぶ内容に違いがあるわけではありません。全く同じ内容を効率的に習得できるよう、スケジュールが組まれているのです。

その意味では、短期間で免許を取得したい人、またその必要がある人にとっては、合宿免許は大いにメリットがあります。また費用も安く、平均して30万から35万とされる通学免許に対し、合宿免許は20万から25万で済ませることができます。

また、泊まり込みで勉強するため、仲間ができたり、人によっては異性との出会いが期待できたりすることもあります。合宿所のほとんどは都市部を離れた郊外にあるので、仮免許中の運転を、交通量が少ない道路で行えるといったメリットもあります。

しかし多くの場合、合宿中は自宅に戻ることができないため、家を離れることが難しい人には合宿免許は向いていません。また社会人など、約2週間というまとまった時間を作れない人には、利用は難しいでしょう。

合宿免許と通学免許

車離れが言われる昨今ですが、やはり運転免許はあったほうが便利です。特に地方在住者などは、車がなければ生活が成り立たないこともあるでしょう。都会に住んでいる場合でも、仕事で必要になることもあります。また運転免許証は、あらゆる場面で使うことができるオールマイティな身分証明書としてみることもできます。

運転免許を取るために、多くの人は教習所に通い、交通法規などの知識と運転技術を身につけます。その際に、合宿免許と通学免許、二通りのやり方を選ぶことができますが、その違いがどのようなものかご存知でしょうか。

合宿免許は文字通り、ある場所に泊まり込んで学科と実地のカリキュラムをこなすやり方です。そのメリットは短期間で卒業検定までを終えられること、費用が安いことが挙げられます。しかしまとまった休みが取れない人や、家を離れることができない人には利用は難しいでしょう。

また通学免許は、自宅から通うことができ、スケジュールも自分の予定に合わせて組むことができます。卒業までの期間も、長ければ一年程度と余裕を持って取り組むことができるため、忙しい人には向いているやり方です。しかし費用の相場は、合宿免許より約10万円高くなります。

合宿免許、通学免許ともにそれぞれのメリット、デメリットがあります。こちらのサイトではその違いを詳しくご説明していますので、自分に合った免許取得の方法を探すのに、役立てていただければ幸いです。